説得できる企画・提案200の鉄則

【PR】このコラムの著者たちがマトリクス(田の字図解)についての秘伝をキンドルにて出版しました【PR】

現代のビジネスパーソンには、正しいニーズを掘り起こしてそれを具体的解決策として発信し、相手を動かす企画・提案能力が欠かせません。本書は、企画書・ 提案書の作成技法に加え、その前後にある情報収集、アイデアの発散と収束、解決策立案、プレゼンテーション、後フォローといった個別活動の集合体を企画・ 提案活動として位置づけ、そのための必須スキルを1冊に凝縮しました。ニーズ発掘のインタビュー技法、仮説の構築と検証、訴求力向上法といったプロのノウ ハウを読者に提供します。定評ある1ページ1項目のどこからでも読めるモジュール形式の編集により、200のルールと具体例が一目で理解できます。

リクルートの営業提案ノウハウと、BCGという戦略の構造性に、ベンチャービジネスの現場感がそなわった本だと思います。もちろん社内向けに企画・提唱を する人にも読んでいただきたいですが、コンサルティング営業マンとして苦労している人にもピッタリ。これを読んで本当にうまくいくのかしら・・と感じるこ とが多かったですが、この本は愚直に実行すれば上まく提案できる可能性大と思います。

“提案の目的はクライアントの行動を変えることなどと大上段からの項目もありながら、実行上のポイントは実に具体的でわかりやすいです。プレゼンテーションスキルのロードマップ(現在地)を相手に伝えながらすすめる・・など意外に忘れられている点も上手く指示しています。
営業マン・企画マンを指導する立場の方が読むと、日ごろ上手く口で表現できなかったことをどう部下に伝えたらよいかがわかるのではないでしょうか?

個人的にはインタビューテクニックは重要な割にそのコツを語っている本が少ないと思っていたのでインタビュースキルに7項目も裂いてくれている本書はその視点だけでもお勧めです。

 

【PR】英語発音DVDを、このコラムの主催者㈱エデュケーションが発売。あなたのビジネス英語の発音をさらにブラッシュアップ!【PR】