Educate.co.jp

 
  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
実戦的用語解説

実戦的用語解説一覧

コンピテンシー

コンピテンシーとは、ハーバード大学の心理学者マクレランド教授が、学歴や知能レベルが同等な外交官の間で業績に差が出る原因を研究する中で発表された概念で、現在では一般的に「高い業務成果を継続的に生み出すための特徴的な行動特性」と解釈されています。

続きを読む...

ランチェスター戦略

ランチェスター戦略

ランチェスター戦略は、戦争においての勝ち負けの分析から生まれ、それをビジネスに応用したものです。まずはオリジナルである、戦争におけるランチェスター戦略について解説し、次にビジネスでの応用についてご紹介します。
続きを読む...

アンゾフのマトリクス

 

 

【PR】このコラムの著者たちがマトリクス(田の字図解)についての秘伝をキンドルにて出版しました【PR】

アンゾフのマトリクスとは、企業が自社の経営戦略を考える際に、どの選択肢を実行するかを決定する際に用いる分析手法の1つです。自社の成長戦略の選択肢を、「市場浸透」「事業商品開発」「新市場開拓」「多角化」の4つに分類して考えます。横軸に製品、縦軸に市場をとるマトリクスで、経営学者のH.I.

アンゾフが提唱したことで、「アンゾフのマトリクス」と呼ばれています。

続きを読む...

シナリオ・プランニング

 

将来起こりうる事業環境の変化について数パターンのシナリオを構築し、そのシナリオへの対応策、戦略を作成するのがシナリオ・プランニングです。シナリオ・プランニングはもともと・・

 

 

 

 

続きを読む...

ラーニング・オーガニゼーション

ラーニング・オーガニゼーションとは、所属するメンバーの自主的な学習を促進し、その相互作用を通じて、過去の組織文化や戦略の枠に思考や行動を縛られることなく持続的に自己改革していく機能を備えた組織のことを言います。

続きを読む...
ページ 3 / 14