Educate.co.jp

 
  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
実戦的用語解説

実戦的用語解説一覧

KFS

ksf
【PR】このコラムの著者たちがマトリクス(田の字図解)についての秘伝をキンドルにて出版しました【PR】

KFSとは「KEY FACTOR OF SUCCESS」の略であり、鍵となる成功要因を意味します。企業は経営資源(ヒト・モノ・カネなど)に限りがある以上、事業が成功するためには注力すべきポイント、目的、タスクを定めなくてはなりません。独自技術、商品開発力、販売方法、流通経路などが主たる対象です。

続きを読む...

ダブルループ学習

 



【PR】このコラムの著者たちがマトリクス(田の字図解)についての秘伝をキンドルにて出版しました【PR】

ロジカルシンキングや問題解決には様々な概念や技法があります。ロジックツリー、マトリクス、演繹と帰納、KJ法、などなど。これらは基本的には現状を分析し、そこからの打ち手を立案し、打ち手を行動に移した結果を検証する際に活用されます。また結果結果検証を次の打ち手立案に反映し、PDCAサイクルを回すことが奨励されます。



上述したコンセプトが重要であることには異論が無いはずです。しかし、それが全てでは無いことにクリス・アージリスは気付き、「ダブル・ループ学習」というコンセプトを提唱しました。

続きを読む...

KJ法

KJ法とは、もともと文化人類学者の川喜田二郎(アルファベットがKJ)氏が実地調査(フィールドワーク)で得られた大量で雑多な資料を整理するために編み出した思考方法です。本来は川喜田氏が提唱する崇高な思考哲学を含んだ体系全体をKJ法と呼びます。が、それをビジネスに応用する上では、その一部である「似たカードを寄せ集めて複雑な情報を整理すること」をKJ法と呼ぶ場合が多いです。ここでは後者について解説します。

続きを読む...

ページ 14 / 14