プランド・ハップンスタンス理論

1999年にスタンフォード大学のクランボルツ教授らはキャリア形成に関する斬新な研究を発表しました。数百人に及ぶ成功したビジネスパーソンのキャリアを分析したところ、そのうちの8割は「いまある自分のキャリアは予期せぬ偶然に因るものだ」と答えたというのです。そのデータをきっかけとして構成されたのが、プランド・ハップンスタンス(planned happenstance)理論です。「計画された偶然」「意図された偶然」などと訳されます。

この理論が大きな話題を呼んだ背景には、従来のキャリア論(自分が積み上げる職歴を意図的に計画すること)の限界があります。「職業とそれに適した性格や能力」、「自分のやりたい事」、「自分の得意な事や苦手な事」、「両親をはじめとした周囲からの期待」、などなど。これらを合理的に分析してゆけば、どのようにキャリアを歩めば良いかの正解が得られるというのが従来の考え方でした。

少しでも実際のキャリアを歩んでみた人は、上記のような考え方が有効では無い場面に多々出くわしているはずです。職業名から想像するステレオタイプと反対の人、例えば地味な商社マンや派手な銀行マンで成功している人は確かに存在します。「自分のやりたい事」が簡単にわかれば苦労はしません。自分が苦手だと思っていたこと、例えば人前でのプレゼンテーションが実は得意だと判明したりする経験は少なくないです。周囲から大反対された転職がきっかけで花開いた人も沢山います。

となると自分のキャリアを真剣に考えることはムダなのでしょうか。あみだくじやサイコロで進む道を決めれば良いのでしょうか。それは極端すぎる立場と言えるでしょう。そしてこれら2つの立場の良いところを統合した新しい考え方が生まれたわけです。

プランド・ハップンスタンス理論は以下の3つの骨子から構成されます。
【1】個人のキャリアは、予期しない偶然の出来事によってその8割が形成される
【2】その偶然の出来事を、当人の主体性や努力によって最大限に活用し、キャリアを歩む力に発展させることができる
【3】偶然の出来事をただ待つのではなく、それを意図的に生み出すように積極的に行動したり、自分の周りに起きていることに心を研ぎ澄ませることで自らのキャリアを創造する機会を増やすことができる

【2】での偶然が起きた後、そして【3】での偶然が起きる前について、「プランド」すなわち「計画された」というニュアンスが見て取れます。

仮にA君という人がいたと仮定しましょう。彼は経理の仕事をしているのですが、セールス職への興味が最近増してきています。そこに【1】の偶然が起きました。ネット書店に経理の専門書を注文したのに、間違ってセールスのノウハウ本が配達されたのです。

ここで【2】が出来る人とそうでない人の違いが生じます。【2】が出来ない人はネット書店にクレームを言い、本来注文した経理の書籍に取り替えてもらってそれで終わりです。【2】が出来る人は違います。この偶然は何かの必然であるととらえ、セールス本を熟読したり、さらにはその著者にメールを打って「経理出身でもセールスは出来ますか?」と質問したりもするのです。

このようなキャリアを発展させるきっかけになる偶然は全員に同じ確率で起きるのではありません。それを語っているのが上記の箇条書きの【3】です。百歩譲って偶然が起きる確率が同じだとしても、意味のある偶然が起きたことに気付く感受性は人によって大きく異なります。好奇心を持つ、諦めずにやりぬく、楽観的に取り組む、リスクを取る、柔軟に対応する。これらの行動特性を持つ人は沢山の大事な偶然と出会うことが出来、それがキャリアを推進させる原動力となるのです。

プランド・ハップンスタンス理論の斬新さは多くのビジネスパーソンを印象づけましたが、クランボルツ教授らの研究そのものには異論もあり得ます。まずは偶然というものの定義の問題です。当人が偶然だと認知した出来事でも、実は支援者が裏で手を回してくれたのかもしれません。あるいは、サバイバル・バイアスの問題もあります。成功のための手法を導き出す研究なのであれば、成功した人だけに聞くのではなく、成功しなかった人にも同様の調査を行わなければなりません。

そう考えるとクランボルツ教授らの研究は純粋なサイエンスというよりも、「好奇心を持つ、諦めずにやりぬく、楽観的に取り組む、リスクを取る、柔軟に対応する」を心がけなさいという人生訓の要素が強いとも言えるでしょう。

ちなみにプランド・ハップンスタンス理論と共通する思想を持つ小説、エッセイ、自己啓発書がいくつもあります。村上春樹氏の「遠い太鼓」、勝間和代氏の「起きていることはすべて正しい」などがあげられます。それらの中から1988年にパウロ・コエーリョによって書かれたベストセラー小説「アルケミスト」のフレーズを1つだけ紹介してこの用語集の結びに替えさせて頂きます。

「前兆に気が付くようになるのだよ。そして、それに従って行きなさい」